2012年8月25日土曜日

実験農地 〜ブルキナファソ

ブルキナファソの農村で、生活排水(シャワー、洗濯、食器洗い)を簡易ろ過して、その処理水を使って庭の畑で野菜を育てる。
そんな研究、実験をするプロジェクトに参加してます。


実験を手伝ってくれる数件のパイロットファミリーの庭に、小さな農地を設営。

(6月初旬)


自前で「点滴灌漑」の設備を付けたファミリーもいます。

(6月下旬)


8月には、すでに身の丈ほどに育った作物。




オクラ、ナス、トマト、トウモロコシ等々・・・





雨期の今は雨水でも十分育つのですが、乾期に入ったら農業用の水はほとんどありません。井戸水を汲んで、わずかな水で暮らす厳しい毎日です。
生活排水の処理水で野菜が育てられたら、すばらしい。
雨期が終わってからが、本当の研究成果の見せ場です。